読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ところで、こころで

IT、ガジェットについて、あれこれ語ります

iphoneとiPad Proのための新製品の発表

Appleは春のイベントを行わず、新製品の発表だけを行った。Appleがサイレントローンチするのは、インパクトが小さい製品をわざわざ紹介するとイベントの価値が落ちるからだ。毎回注目されるAppleのイベントは莫大な広告費の代わりになるぐらい影響が大きい。

今回発表された製品はマイナーチェンジばかりで確かにインパクトは小さいが、Appleの今後の戦略を占うのに重要な意味を持つ。ひとつずつ見ていこう。

iPad

f:id:tkan1111:20170406175242p:plain

Air」の名称が取れた新iPadは、大雑把位に言えば前々モデルになるiPad Airに新CPUを載せてTouch IDをつけた仕様になっている。重量もAir 2より重く、厚みも増し、iPad Airに退化した印象だ。

iPad Proと差別化するためにApple Pencilには非対応、Smmart Connectも搭載していない。

新しい無印iPadの最大のポイントは価格だ。iPad史上最安となる3万7800円は、このiPadの立ち位置を明確に示している。iPhoneに慣れたユーザーが、より快適にコンテンツを消費するツールとして気安く購入できる価格帯にした。さらに言えば現行のタブレットの需要はAppleブランドをもってしてもこの値段でしか売れないのだ。

PCの代替を目指すコンテンツクリエイター向けのiPad Proとポジションを離すことで、双方の特徴を明確にしている。性能も異なれば価格も二倍近く違うので、もはや「iPadiPad Proのどちらにしようか?」と悩む人は少ないだろう。

その代わりに、安い値段でiPadを拡販し、無印iPadの性能に飽き足りなくなったユーザーをiPad Proに誘導する目的があるのだろう。

PCの代替需要を獲得する目的をもつiPad Proにユーザーの目が行くように、タブレットが売れなくなってもAppleiPadを捨てる訳にはいかない。

iPhone (PRODUCT)RED Special Edition

https://store.storeimages.cdn-apple.com/8561/as-images.apple.com/is/image/AppleInc/aos/published/images/i/ph/iphone7/gallery2/iphone7-gallery2-201703?wid=1068&hei=643&fmt=jpeg&qlt=95&op_sharpen=0&resMode=bicub&op_usm=0.5,0.5,0,0&iccEmbed=0&layer=comp&.v=1489424008777

iPhone史上発のREDモデル。色以外に何も変わらないし、多くのユーザーがケースを装着してる現状、ボディ色に大きな意味があるとは思えないが、広告のインパクトはある。予想外に変更されなかったiphone 7のボディに飽きがきているユーザーにとってiphone 6あたりから買い替えを促すきっかけにはなる。

これも、やはりiphoneしか売れない、iphoneを売らざるを得ないAppleの苦悩が見え隠れする。

 

更新された製品と更新されなかった製品

https://store.storeimages.cdn-apple.com/8561/as-images.apple.com/is/image/AppleInc/aos/published/images/w/at/watch/bands/watch-bands-hero-201703_GEO_JP?wid=558&hei=480&fmt=jpeg&qlt=95&op_sharpen=0&resMode=bicub&op_usm=0.5,0.5,0,0&iccEmbed=0&layer=comp&.v=1489707495115

他の新商品は本当にマイナーな変更・追加にとどまった。更新・追加された製品は、iphone SEApple Watch(のバンド)、iPad mini

iphone SEは容量が増えて実用的なラインナップとなった。安価なiphoneとしての位置づけであるSEのニーズは一定数あるので、iphoneiOSのシェアを増やすために重要な製品と判断したのだろう。

Apple Watchバンドの追加だけだが、ファッションとしてのApple Watchブランドを維持するために定期的な追加発表は大事だ。Apple Watchを長く育ていきたいAppleの思惑が見える。

iPad mini4はラインナップを縮小。iPad mini2と32GB版を廃止、128GB版を値下げした。128GBで45,800円という価格はiPad 128GBと比べて3,000円しか安くない。

本来はもっと高い値で売りたいのだろうが、iPadを戦略的に拡販するために値下げした関係で無理やりこの値段に押し込められた印象だ。

今回期待されていながら更新されなかったのは、iMacMac miniMacBookだ(Mac Proは後日アップデートされた)。

クックも言及しているのでMac mini以外の製品はいずれアップデートされるのだろうが、長らく放置されているのは事実だ。iphoneiPad Pro以外の機種はAppleの中での優先順位が下がっている。

Appleとしては、屋台骨であるiphoneとPCの代替を目指すiPad Proをいかに拡販するかが重要で、それ以外の製品の優先度が低いのは仕方がないかもしれない。

Appleの方向がより明らかになった今回の発表だった。