読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ところで、こころで

IT、ガジェットについて、あれこれ語ります

Apple Watchの便利な使い方

Apple Watch Apple

series 2で進化したApple Watchは使いやすくなり、アーリーアダプタ層以外にも勧めやすくなった。実際に使っている人もよく見かけるようになった(Apple Watchで改札を通る人は自分以外見たことがないが)。

使いやすくなったとはいえ、新しいガジェットなので快適に使うにはいくつかのコツがいる。 

複数の文字盤を活用せよ

 watchOS 3から横スワイプで文字盤を変更できるようになった。今までよりも素早く変更できるので、複数の文字盤を用意しておけば多くのアプリへ素早くアクセスできる。一枚の文字盤に表示できる項目は制限されているので、あぶれたアプリにアクセスするにはDockかホーム画面に移動する必要があるが、両方とも使い勝手が良いとはいえない。

筆者はビジネス用とプライベート用の文字盤をを用意している。ビジネス用には日々の予定と外出時に便利な天気と気温を表示している。プライベート用には電話やメッセージアイコン、再生している曲名を表示している。文字盤のアイコンをタップするのがDockよりも素早く、間違いがない。ちなみに文字盤の曲名はタイムトラベルに対応していて次の曲名を確認できる。

Apple PayはSuicaをメインにすべき

Apple WatchApple Payを使うときはサイドボタン二度押しが必要だ。これが結構面倒くさい。冬場は上着の裾で腕時計が隠れているときも多いので、いちいち袖をまくらないといけない(決済するときは上着越しでも反応する)。
エキスプレスカードに設定したSuicaなら二度押しを省略できる。

メールの通知は絞る

通知の頻度が高いのがメールの着信だ。通知対象は条件で絞れるし、iPhoneと別の設定も可能だ。

iPhoneへの通知は全メール着信に設定しておいて、Apple watchにはスター付きだけを通知することもできる。

通知が来ると画面を強押しなどで削除しないといつまでも残るのが嫌で、Apple Watchを使わなくなる原因にもなる。 

Dockは交通系と相性が良い

新しいDock機能はアプリの情報が自動更新されアクセス方法も改善されたが、筆者はあまり使わない。画面が暗い状態でサイドボタンを押しても画面が点灯するだけで、Dockへはもう一度押さないといけない。アプリの切り替え画面はiPhoneと同じなのだが、Watchの小さい画面だとアプリを選びづらい。

動作しないですむ交通系の情報表示に使うときDockは便利だ。ANAのアプリだと予約したフライトの情報がリアルタイムで表示される。電車系のアプリだと乗り換え駅がすぐにわかる。アプリのアクセスは複数の文字盤から、情報画面の表示はDockからが使いやすい。