読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ところで、こころで

IT、ガジェットについて、あれこれ語ります

iPhoneは"どこでもドア"である - iPhone 10周年

Apple iPhone

iPhoneが販売されてから十年が経つ。はじめてiPhoneに触れたのは深夜のロイヤルホストで、会社の同僚が見せてくれたiPhone 3Gだった。前年にUSでiPhoneが発表されたときから気になっていたが、ネガティブな噂も多くて購入を躊躇していた。

だけど、少し触っただけでその先進性に魅せられて、翌日すぐにソフトバンクショップで注文した。

f:id:tkan1111:20170115102835j:plain

この「翌日店に注文しなければいけない」行為をなくした事こそがiPhoneの最も偉大な功績である。タッチスクリーン、電話とインターネットデバイスの統合など、iPhoneがもたらした奇跡のような成果はたくさんあるが、場所に依存せずに様々なことができる環境がこの世にがiPhoneが生まれる前と後で一番変わったことだ。

元々iPhoneでできることは自宅のPCでほとんどできた。だからiPhone発表当時、多くの専門家はあんな小さい画面で作業するのではなく、PCですればいい、だからiPhoneは失敗すると断じた。ところが多くの人はPCではなく、iPhoneを求めたのは、iPhoneが”どこでもドア”だと理解したからだ(日本ではソフトバンクの販売戦略の成果でもあるが)。

 

店に行かず、どこでも品物を注文できるようになり、TVの前ではなくても映画が観られるようになった。場所に縛られないことで我々の行動は自由になり、家にいても外にいてもおなじように活動できる。

どこでも何でもできるようにするために、電話回線は高速化され、液晶サイズも大型化された。十年経ってもiPhoneが目指すべき点は何も変わっていない。「どこでも何でもできるようにする」ことだ。

 

はじめてiPhoneを触った驚きは今でも忘れられない。同時にAppleの株も同時に購入しようとしていたけど、結局買えなかったことを未だに後悔しているが、それはまた別の話だ。 

Apple iPhone 7 Jet Black【国内SIMフリー】 (128GB)

Apple iPhone 7 Jet Black【国内SIMフリー】 (128GB)