ところで、こころで

IT、ガジェットについて、あれこれ語ります

AirPowerの疑問と予測

f:id:tkan1111:20180224173826p:plain

Appleのワイヤレス充電器『AirPower』が3月に販売されるという報道が出た。

iphone-mania.jp

 昨年9月の発表以来、待てど暮らせど発売されない『Airpower』。9月以降、Appleはなんの情報も提供していない。今ある疑問と予測を書いておく。

 

ApplePowerはApple製品以外のQi対応機器を充電できるのか?

この質問の回答は「ノー」。 Qi充電対応のiPhone 8/Xの充電が可能なことから、Qi充電に対応するのは間違いないが、Apple以外のQi対応機器を充電できるかは不明。筆者の予測は「できない」。

根拠はApple WatchApple WatchはQi対応機器だがApple純正の充電器以外では充電できない。この記事によると、Apple Watchが発する特殊な電波を検知しないと充電が開始されないそうだ。Apple Watchと同じ機能がiPhone 8/X、AirPower対応の新型AirPodsに搭載されると予測する。

www.itmedia.co.jp

 

新型AirPodsは登場するか?

筆者の予測は「イエス」。現行AirPodsはLightningケーブルでしか充電できない。Appleのデモでは、AirPowerでAirPodsの充電を行っているし、現行モデルでは蓋の内側にある充電ランプがケースの外側にあるので、AirPowerと同時に新型AirPodsが発売されるのは確実だ。

Qi充電に対応するにはコイルを内蔵する必要がある。新型AirPodsケースの大きさは変わっていないので、現行よりもバッテリー容量が減ると思われる。

 

高速充電に対応している?

これも「イエス」。 iOS 11.2からiPhone 8/Xは7.5Wの高速充電に対応している。これはAppleの独自仕様で、現在対応しているのはApple Shopで販売しているBelkin製など2機種のみが対応している。他の10Wのワイヤレス高速充電に対応している機種でも5WしかiPhone 8/Xには供給できない。どういう独自仕様かわからないが、純正機器であるAirPowerが7.5W充電に対応するのは確実だろう。

 

すべてのApple Watchが充電できる?

これは明確で、Apple Watch series3のみが対応とAppleが明記している。

f:id:tkan1111:20180224181947p:plain

出典:Apple (左と中央がApple Watch series 3、右がseries 1)

 

初代からApple Watchは充電器の仕様が変わっていないので、初代やseries 1ができない構造的理由はないと思うが、series 3の買い替えを促すための差別化だろうか。

 

その他の独自機能は?

ネットであがっている噂は、以下。

  • 充電時に特別のSEが鳴る
  • 充電の状況がiPhoneで確認できる
  • 複数の機器を同時に充電できる

SEはiPhoneiOSが対応すればよいので問題ないし、AirPodsApple WatchBluetooth通信でiPhoneから充電状況を確認できる。まさかAirPorwerが各機器の充電状況を把握して、iPhoneBluetooth通信するわけではないだろう。

問題は複数機器の同時充電だろう。これがAirPowerの売りだからできて当然だが、7.5Wの高速充電ではiPhoneがかなり高温になる。バッテリー容量が少ないApple WatchAirPodsを高速充電する必要はないと思うので5Wだとしても合計で17.5W。かなりの熱量になると予想できる。

充電器という比較的単純な構造の製品なのにAirPowerがなかなか発売されないのは、これが原因ではないかと思う。

 

iPhoneApple Watchはワイヤレス充電に対応しているので、筆者の環境ではAirPodsが対応すればLightningケーブルは不要になる。AirPowerの登場が楽しみだ。

 

 

 

 

 

 

新型AirPodsはユーザーの意向を忖度してくれるか?

f:id:tkan1111:20180202170928p:plain

AirPodsの新型モデルのニュースが流れている。今年は「Hey Siri」での「Siri」起動、来年2019年は防滴モデルになると予測している。

www.itmedia.co.jp

 

ユーザーの望みどおり?

これらの変更をユーザーは望んでいるのだろうか。筆者は毎日使用しているが、「Hey Siri」に未対応だということすら知らなかった。

雨中のランニング時に防滴は喜ばしいが、水没しても使えた実験結果もあるので、現行モデルでもある程度の水滴には耐えられるようだ。

www.appps.jp

 

現行AirPodsに要望できるとしたら、つぎの3点だ。

 

 

Qi充電

Qi充電に対応したiPhone Xを購入してから、車載と自宅用にワイヤレス充電器を導入した。「たかがケーブルを挿さないだけ」と思っていたが、使いはじめるととても快適で、ケーブルを挿す作業がひどく面倒に感じるようになった。

Apple WatchはQi充電ではないがワイヤレス充電なので、Lightningケーブルを使うのがAirPodsの充電だけになっている。AirPodsがワイヤレス充電に対応すれば、すべてのLightningケーブルを撤去できる。

昨年のAppleが発表した「AirPower」ではAirPodsもワイヤレス充電に対応していたので、新型AirPodsでは対応するだろうけど(ワイヤレス充電器対応のケースの別売りもあるかも)、Qi充電に対応してくれれば、AirPowerだけではなく、市販のワイヤレス充電器も使用できる。

 

マルチポイント

 複数機器で利用する場合、AirPodsの切り替えを手動で行うのが面倒だ。自宅ではMacに、屋外に出たらiPhoneに、iPhoneがなければApple Watchに自動で切り替え接続してほしい。

tkan1111.hatenablog.com

 

ノイズキャンセリング

ノイズキャンセリング機能はほしいところだが、ノイズキャンセリング機能がついているSONYのワイヤレスイヤフォン『WF-1000X』は、バッテリーの持ちや通信量の調整に苦労しているようだ。

www.gizmodo.jp

 

ノイズキャンセリング機能がついてもバッテリー稼働時間が減っては使い勝手が悪くなる。そもそもオープン型のイヤフォンであるAirPodsではノイズキャンセリングは実現しにくい。

筆者が求めるのは、マイクのノイズキャンセリングだ。歩きながら使用することも多いAirPodsだが、会話中にマイクがノイズを拾ってしまって相手に伝わりづらい。Siriで命令するときも同様だ。

「Hey Siri」を導入し、今よりもSiriを推奨するのであれば実現してほしい。

 

新型のお披露目は6月WWDC

新型の導入は6月のWWDCだろうか? WWDCはソフトウェア開発者のイベントなので、新型ハードウェアの発表は控えめだ(昨年は10.5インチのiPad Pro、iMac Pro、HomePodと豊富だったが、それまで三年間はハードウェアの発表はなかった)。新型AirPodsと同時に「AirPower」も発売するだろうが、昨年すでに発表しているのでインパクトは小さい。

別に噂される新型iPadとともに、サイレントローンチになると予想する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

MVNOは一時のブームで終息するのか?

MVNO仮想移動体通信事業者の勢いが止まっている。

ここ数年、総務省の圧力もあり、MVNOの契約台数が急伸し、一般の人への認知も進んでいたが、キャリアの新料金プランやサブブランドの伸長により、MVNOの伸びが以前よりなだらかになってきている。

出典:MM総研

 

既存キャリアの顧客引き止め策

MVNOへの流出は既存キャリアにとって死活問題であるので対策が必要だ。とは言っても料金を下げるのも限度があるので、各キャリアは契約者に付加価値を与えることでつなぎとめようとしている。

ドコモでは、契約者だけが契約できる「DAZN for Docomo」やdポイントクラブによる長期契約者の優遇を開始している。

www.itmedia.co.jp

 

auは、au STAR、「三太郎の日」キャンペーンや新料金プランだ。auの決算発表によると「auピタットプラン / auフラットプラン」契約者数は500万件を突破し、解約率も下がってきてる。

f:id:tkan1111:20180222101505p:plain

出典:au

 

ソフトバンクは、大騒ぎになった吉野家無料などの契約者向けキャンペーン以外に、Y!mobileの貢献が大きい。誤解されやすいが、Y!mobileはいわゆるMVNOではなく、ソフトバンク本体が運営しているブランドだ。ファストリテイリング社がユニクロと、ユニクロよりも廉価なブランドであるGUのブランドを抱えているのと同じである。

Y!mobileのおかげでソフトバンク社トータルの契約者数は伸びているが、代わりにトータルのARPU1回線あたりの月間売上高)は下がっている。

 

MVNOは一時のブームで終わるのか?

既存携帯キャリアの反撃で、MVNOへの流出は一時のブームで終わるのだろうか? 

MVNOの命運は、総務省の方針と携帯キャリアからMVNOへの回線卸代が妥当かどうかの議論も影響してくる。

ユーザーからしたら、MVNOでも既存携帯キャリアでも安くて良質な回線が利用できれば良いのは当たり前だが、わかりやすい選択肢が提示されることが重要だ。多少高くても良いサービスや店舗のサポートが必要な人もいれば、安ければサービスは不要という人いる。

各業者には透明性があるプランの提示を求めたい。

 

 

iPhone X不振の影にあるAppleの構造的な問題

売れなくなったiPhone X

今年になってiPhone Xの売上がおちているそうだ。BCNの調査では、顧客の興味が「X」から「8」に移っている結果が出ている。

www.nikkei.com

 

日本だけではなく、世界的に需要低迷していて、OLEDパネルの供給元であるSamsungが減産せざるを得ない状況のようだ。

iphone-mania.jp

Q4(2017年10月から12月まで)のAppleの決算では、iPhone Xは期待以上売れていて、製品単価も上昇した報告となっていたが、今年に入って風向きが変わったのか。

f:id:tkan1111:20180202145506p:plain

 

やはり高かった?

iPhone Xの一番の課題は、価格だ。iPhone XiPhone 8の差額は34,000円

 

iPhone X (64GB)  ¥112,800

iPhone 8 (64GB)       ¥78,800

 

値段が高くても、製品の価値を認めれば消費者は購入するが、アーリーアダプター層以外では34,000円の価値がないと判断した人が多いのだろう。

iPhone の特徴のひとつであるフルスクリーンは見た目は別にして実質的なメリットは大画面だが、大画面が好きな人はPlusシリーズを買ってしまっているだろう。

OLED、Face IDもホームボタンの廃止もフルスクリーンを実現するために必要だった技術なわけで、消費者への訴求は弱い。

 

Appleの構造的な問題

もうひとつあげたいのはソフトウェアの品質の低さだ。

mobilelaby.com

いまだに実現していないAirPlay 2だけではなく、iOS 11はバグも多く、ユーザーフレンドリーではない点も多い。

たとえば、iPhone Xを使用するためには、Face IDでロック解除後に上スワイプが必要なのだが、スワイプが面倒だと感じる人は多いだろう。画面注視で「通知」を表示させたいからだと思うが、設定で「スワイプあり・なし」を選択させてほしい。

動作中のアプリを停止する方法もユーザーの不満の一つだ。上スワイプのあとしばらく停止で、複数アプリを選択する画面に移行した後、長くタップしてアプリ停止の画面になる。ホームボタン付きiPhoneと同様に、複数アプリ選択画面から上スワイプでアプリ停止でよいように思う。Appleとしてはアプリは自動で停止するので、手動でアプリを停止させる必要がないと言いたいのかもしれないが。

Appleの思想に反する変更が行われないのは昔からだが、近年ではユーザーの要望が活かすことができていないように見受けられる。セキュリティやバグのために、この一ヶ月で小規模なバージョンアップが2回行われていたのも異例だ。

Macintoshの爆弾マークの頃より、Appleはソフトウェアに強い会社ではなかった。Macはマニアックな製品だったのでそれでも許容されたが、全世界で数億台が稼働する製品ではそうはいかない。世界中の環境に合わせて、iPhone以外にもiPadでも稼働するOSをメンテナンスする力がAppleにはないように見受けられる。

 

ティム・クックも問題を認識しているようで、6月に発表されるiOS 12では新機能よりも既存OSの成熟を優先すると報道されている。

最初はシンプルなOSだったiOSも、バージョンを重ねることで巨大になっていった。デバッグも機能修正も容易ではないのは理解できるが、ハードウェアが成熟化した昨今ではOSによる差別化の重要性はさらに高まっている。

6月にWWDCで発表されるであろうiOS 12に注目したい。

 

iPadの”PC化”頼みのタブレット市場

昨年のタブレットの国内出荷が伸びたそうだが、微増(1.4%増)であり、減少した前年から下げ止まったというのが実態だ。

www.nikkei.com

 

セルラーモデルのAndroid機は使われている?

大きく増えたのは携帯キャリアが販売するセルラーモデルで、スマートフォンとセット販売した効果が大きい。Huaweiがドコモ向け、LGがau向けで、キャリア別携帯電話のシェアに近い販売比率になっている。

 

https://www.m2ri.jp/upload/news/289/c53d6fbe58166e73141cedd1c579c710.png

 (引用:MM総研)

 

数年前に流行したいわゆる「中華タブレット」やSONYなどが販売した高級Androidタブレットの姿はない。大型化したスマートフォンタブレットの需要を食ってしまったからで、SONYタブレットの製造・販売をほぼやめてしまった。

購入してもどこまで利用されているか不明な携帯キャリアの抱き合わせタブレット以外にAndroidタブレットが伸びる可能性は低いと思われる。

キャリアの併売も今年はタブレットより、au homeで使うようなスマートスピーカーに移っていく兆しもある。スマホとの併売では「一家に一タブレット」は売れても、「一人一台」にはならないだろうし、タブレットの方がスマホより買い替えサイクルが長いので、スマホの買い替えごとにタブレットは売れないと思われる。

Googleもそのことを認識していて、以前噂になっていたChrombookの廃止は行わず、Androidとの併存を選び、Androidスマホに注力する方針だ。

 

iPadの”PC化”は止まらない

スマホ同様にタブレットでも日本においてはAppleのシェアが高く、iPadの売上がタブレット全体の販売台数に大きく影響するが、iPad Proの登場もあり、iPadの販売台数も下げ止まった。

iPad向けキーボードの強化、iOSの拡張などAppleiPadの”PC化”を進めており、今年もiPad Proの強化を進めていくだろう。

Mac上でiOSアプリを動作できるようにして、MaciOSの統合を着実に進めているのも、iPadには好材料AppleとしてはIntelからCPUを購入して製造するMacよりも、自社製CPU搭載のiPadを売りたいのは当然だ。

 

Windowsタブレットは?

タブレットで今年注目なのはARM版Windowsだが、過去に同じコンセプトで販売したWindows RT」は失敗しており、Windows PCが2 in 1と半タブレット化している中、どこまで売れるかは疑問だ。既存のSurfaceにユーザーも満足しているように思える。

 

Apple頼みのタブレット市場

こうしてみていくと、日本のタブレット市場では、”PC化”を目指すAppleは少し伸ばすが、全体としてはあまり変わりがないように思う。大画面スマホのが好評なうちは、キラーコンテンツが出ない限り(その可能性も低いと思う)タブレットとしての需要は大きく増えないだろう。

 

 

 


tkan1111.hatenablog.com

 

 

 

 

Google homeとAmazon Echoを比較してみた - スマートホーム(eRemote)編

eRemoteがGoogle homeに対応した。すでにAmazon Echoには対応しているので、2大スマートスピーカーの両方で家電をコントールできるようになった。

Google Home|Link Japan

 

リンクジャパン 〔iOS/Androidアプリ〕 eRemote mini イーリモートミニ MINI
 

 

筆者は両方のスマートスピーカーを所有しているので、今までは家電のコントロールができるAmazon Echoをメインに使っていたが、今回の対応でGoogle homeを使うことが増えた。

eRemoteは、Google homeAmazon Echoいずれもスマートホーム標準機能を用いているので「照明」しか操作できないが、その代わりコマンドが短くすむ。Google homeだと、「OK、Google、eRemoteを使って、ライトをつけて」と言わなければいけないところを、「OK、Google、ライトをつけて」と命令できる。

裏技的な対応になるが「照明」として、好きな赤外線を登録できるので、テレビやエアコンも操作できる。

 

Google homeAmazon EchoそれぞれでeRemoteと連携した際の特徴を見てみよう。

 

Google home
「Google home」の画像検索結果
  • 認識精度が高い。「NHKをつけて」などの英語表記のコマンドもほぼ完璧に認識する
  • 部屋ごとに管理できる。ライトやテレビを例えばリビングに設定しておけば「リビングを消して」ですべて消すことができる。ただ、「部屋の照明を一度にコントロールする」ための機能なので、ひとつのコマンドを複数の部屋に割り当てられない
  • フレーズが長い。Google homeの一番の弱点がこれ。命令するのに「Ok、Google、ライトをつけて」と言わないとならない。何度も言っていると面倒に感じてくる。後述するがAmazon Echoは定型アクションで短縮できる
Amazon Echo

f:id:tkan1111:20170218165826j:plain

  • 認識精度が低い。「テレビをつけて」みたいな簡単なコマンドの認識はまずまずだが、「NHKをつけて」などの英語交じりや固有名詞を含めると、途端に精度が落ちる。内部で他のコマンドと重複していると思われる
  • 定型アクションが使える。定型アクションのメリットは2つある。コマンドとして好きなフレーズを登録できるのと、マクロ機能のように複数コマンドをまとめることができる。Google Homeのように部屋ごとの管理ではないので、「ライトとエアコン」「ライトとテレビ」など同じコマンドを複数の定型アクションに登録できる。オンオフだけではなく、照明の光量をコントロールできるので、これを利用して、テレビの音量をコントロールすることも可能
  • フレーズが短い。定型アクションに設定すれば「Alexa、テレビ」でテレビをつけることができる。Google homeはウェイクワードが「OK、Google」と2つの単語なので、「OK、Google、テレビをつけて」と長くなる。些細な違いなのだが、毎日のことなので煩わしくなってくる

 

Amazon Echoの短いフレーズは良いが、認識が悪いのは致命的だ。一度の命令で認識されないとリモコンに手が伸びる。

よって、今のところはGoogle homeを筆者はメインに使っている。

 

リンクジャパン 〔iOS/Androidアプリ〕 eRemote mini イーリモートミニ MINI
 

 

 

 

 

PS4の次なる飛躍はあるか?

最近はSwitchの話題ばかりだが、今年に入ってPS4の販売台数はSwitchを越えている。モンハンの影響もあるが、販売開始から5年目に入ろうとしているプラットフォームとしては上出来だ。世界歴代販売台数は歴代PSの中でも最高水準。PS Plusによる定期収入もあり、PSビジネスは安定している。

jp.ign.com

今のPS4に足りないのは話題性と将来へのメッセージだろう。

 

PS VRはVRの宿命から逃れられない

f:id:tkan1111:20170123143506p:plain

 

PS VRは昨年でVR機器としては初めて累計販売台数が200万台越えたが、再三指摘されているようにVR機器はマスに浸透しにくい。ゴーグルや接続ケーブルなど使用するために手間がかかるのと個人でしか楽しめないのは家庭用機器としては致命的だ。

普通のコントローラーのようにPS VRが一般化し「一人一台」になるとは考えづらい。子どもが使用できない課題も残っている。

VR機器が一般化しないと見切って『Nintendo Labo』を開発した任天堂とは真逆のアプローチだ。

 

一般ユーザーにはわかりにくいPS4 Pro

「PS4 Pro」の画像検索結果

PS史上初となる同一プラットフォームの上位機器『PS4 Pro』はマス向けではないので、無印PS4の販売台数を超えることはない。3DS LLの大きい画面サイズのように見た目でわかる差異がないので上位機器が標準機器化することは起きていない。PS VRが失速すると、一般ユーザーにはPS4 Proの必要性がますます見えにくくなるだろう。

 

次の策は?

今後PS4はどうすればよいのだろう。今のままでも安定した売上があるし、おそらくPS5の登場は当分先で、当面は既存製品のブラッシュアップによるPS4プラットフォームの維持に努めると思われる(どこかで無印PS4PS4 Proが統合されるかもしれない)。

ただ、このままSwitchの売上が伸び『Nintendo Labo』のような目立つ新製品でSwitchに話題が集中すると、将来の売上に影響しかねない。Switchにユーザーが流れれば、安定収入の源であるPS Plusの会員数も減っていく可能性もある。

VR機器が一般化しないことを認め、新たな施策が求められる。